中2の弟は、1時間で5回も出してきました。痛かったです(兄弟とのエッチな体験)

兄弟とのエッチな体験



中2の弟は、1時間で5回も出してきました。痛かったです

1. 人体実験 投稿者:明子 投稿日:2018/09/06(Thu) 17:31 No.2162
  私には4歳下の弟がいます。弟が中2の夏休みの時(注…姉は高3)。私の幼馴染で美穂(一人っ子)が「弟と貸して」と言うのです。貸すとは「男の子のあそこを見たいから、一緒にお風呂に入りたい」「私と弟は一緒にお風呂に入っているので、家に泊りに来れば」と誘いました。
  3人でお風呂に入ると、弟は美穂の前でも普通にしていて。美穂がチンポを触ると凄く大きくなって。何回か上下すると、もの凄い勢いで精子が飛んで行って。弟は「いつも部屋でせんずりをしているよ」と言うのでビックリ。「姉ちゃんの裸で何回も。そのうち姉ちゃんとHをしたい」と。
  それを聞いた美穂は「姉弟は良くないから私としよう」と言って。私の前で美穂と弟がSEXを始めて。弟は美穂の膣の中に。すると美穂の膣から血が流れて処女でした。当たり前かも。弟に「妊娠だけはだめだから外に出してね」と言うと。「姉ちゃん、美穂ちゃんの中に出してしまった」と急いでシャワーを膣に当てて。流したつもり。

  2週間後美穂に生理が来たので安心をしました。後日、弟に「お姉ちゃんともしようよ」と言って、私の部屋で弟としました。安全日だったので中出しを。1時間で5回も出してきました。痛かったです。
  それから美穂と私で弟に雑誌のSEX特集を実践したり。フェラを2人でしてあげれば。お返しにクニクニをしてもらい、弟とは私が結婚するまで続いていました。
  あの日から12年後。弟は26歳で美穂と一緒になりました。私は25歳で結婚しました。美穂と私は今は50歳。この夏休み私の父方の葬儀に弟と出かけて帰り道に、田舎のラブホテルで1晩中抱き合いました。




弟とホテルでA∨を見て真似しました

1. 家族旅行 投稿者:夏美 投稿日:2018/09/08(Sat) 17:51 No.2165
  来年は2人とも受験だからと言うことで、私が高2、弟が中2の時家族旅行に行きました。ホテルはシティホテルでした。両親は2人部屋で、私と弟は別々のシングルでした。食事も終わり部屋に戻ったのですが、特にすることもないので弟の部屋に遊びに行きました。
  2人でベットに腰掛け何気なしにテレビのチャンネルを回していたら、突然有料チャンネルになりました。それは、男女が69の体勢で絡み合っているところでした。チャンネルを変えようと思ったのですが、何故か見てしまいました。弟も私も無言でした。10分ぐらいでした。
  弟「すごいね」 私「うん」 弟「みんなあんなになるの」 私「たぶん」 弟「お姉ちゃんも?」 私「わからない・・・」 その時弟が、私をジーッと見つめているのに気がつきました。その時私はホテルの浴衣姿でした。弟がおそるおそる私の浴衣を引っ張りました。掻合せたところから胸の谷間が見えています。私は放心したようにテレビを見つめていました。

  「触ってもいい?」「・・・・・」 黙っている私を見て了解したと受け取ったんだと思います。弟の右手が乳房に触れてきます。冷たくてひんやりしていました。段々大胆になり鷲掴みにして揉みだしました。乳首をつまんできます。
  「ブラは?」「シャワー使ったから・・・」 上半身を脱がされ、乳首を揉みながら片方の乳房に吸い付いてきます。思わず声が出てしまいました。そのままベットに倒されました。「お姉ちゃん」 弟が下半身を私にこすりつけるようにしてきます。私も、弟の下半身を触りました。弟も気持ちよさそうに声を上げています。
  弟が立ち上がると裸になり、「テレビのようにやって」と言い反対向きに寝ころんできました。目の前にペニスが有り、見よう見まねで、口に含みました。その間に弟は、私の下着をずらしてきます。あわわになった下半身に弟の指と舌が這ってきました。凄く濡れてくるのが分かりました。

  もうここまでいったらやめられません。感じてしまった私はペニスを激しく擦っていました。「出る出る」 その瞬間ペニスから大量のザーメンが溢れ出しました。慌ててティッシュで処理し、こぼれたザーメンを拭き取った後で、2人でシャワーで洗い流すことにしました。
  弟が後から私の体に抱きついてきて、ペニスがまた大きくなっていました。


   中に出されあわててシャワーで掻き出しました
3  夏美 - 2018/09/11(Tue) 22:32 No.2167
  お尻の方からこすりつけられて、バスタブの縁に手をつきました。後から当ててきたので、「初めてだからゆっくりね」「うん」 そのままゆっくりですが入ってきた時の感じが忘れられません。あっという間に中に出されました。やばいと思ったのですが遅すぎました。
  慌てて、シャワーを性器に当てて掻き出すように洗いました。弟も一緒になって指を入れて掻き出すようにしました。無事生理もあり一安心でしたが、それからは姉弟2人になると、弟が私の部屋に来るようになりました。




姉真美26歳、自分24歳でグアムでやりました

1. 姉 まみ 投稿者:純 投稿日:2018/09/17(Mon) 10:50 No.2168
  今から30年ぐらい前のことです。家族でグア旅行に行った時。両親が海外や飛行機に乗った事がないところから。バブリーの時代です。長女一家4人と。両親・伯母(母の妹)・まみと自分の9人で行きました。部屋割も両親と伯母で、長女家族・まみと自分でした。
  真美26歳で自分24歳でした。伯母は外語大・英文科卒で、義兄と自分も少々英語を話せての部屋割でした。夜になると家族旅行だから食事して終わり。ホテルの近く日本人向けのバーがあって、真美と飲みに。9時からビール10本とカクテル5杯で、2人で$85。
  真美がかなり酔っていて。ホテルのプライベートビーチで「酔いを醒ます」と言ってビーチに。日本人のカップルが多くいて、キスをしたり抱き合っている者ばかり。すると真美が酔った勢いで海に服のまま。バカがいたと。

  しょうがなく海に入って連れ出し。ノーブラで透けて見える状態。フロントでビーチタオルを借りて部屋に。部屋に着く頃は真美は寝ている状態。部屋に着いて服を脱がして、裸にしてベットに寝かすと。意外にいい胸で下の毛も処理されて綺麗に。
  ムラと来てしまい。クニクニを始めると濡れ出してきて。指で中を回すと悶始めて。真美が抱き締めてきて。「キスを姉ちゃんで良ければいいよ。」 お互いに彼氏・彼女がいましたが。真美に妙に興奮してしまい、挿入して真美が上になって。
  「何人としたの?」と聞くので、「真美は?」と言うと「3人、今4人目」と言われたので「6人」と言い。「慶子ちゃんと好子ちゃんともしたの? やっぱり。」「慶子は初めての人。好子は2年の交際していたので、あとは一夜限り」と言って。

  真美を突き上げると腰を振るので、チンポが千切れるかと思うほど腰を回していました。真美の中に出してしまい。怒られるけどまたすぐに挿入して。真美を逝かせて2回目の中出し。(妊娠はしませんでした)
  翌朝、家族一緒に島内観光に。途中でマーケットに寄ってゴムを購入。その晩も同じ店で飲んでホテルに。ゴムがLLサイズ? 余る。ぴったりしない。でも挿入して。4泊5日で行ったので、真美と何回もして。日本に帰ってからも続いて。今もあります。


  真美は56歳で孫もいますが、体系(サイズ)は当時のままをキープしてます。昨夜は無人になった実家で2人だけで営みをしました。




兄のオナニーを見て私も触っていました

1. 大好きな兄と 投稿者:あき 投稿日:2018/09/24(Mon) 14:18 No.2171
  夏休みも終わり、9月も終わりに近づいて受験モードが高まっています。私大にしぼっているので、受験本番まであと4か月とちょっと。プレッシャーが大きくなっています。プレッシャーが大きくなるとどうしてもストレス解消をしたくなります。私のストレス解消は、1つ上の兄とのセックスです。(注…兄は大1、妹は高3)
  兄は、去年、地元の大学に受かって家から通っています。私は兄のことがとっても好きだし、兄も私をとっても可愛がってくれます。初めて兄としたのは、私が中2の時、兄は高校受験の勉強中でした。
  偶然だったんですが、兄がオナニーしているところを見てしまったんです。勉強机のところで、椅子に座って、あそこにティッシュを当てて、はぁーはぁーと息を荒くしていました。
  オナニーに関する知識は私にもありましたが、実際に男の人のを見たのは初めてです。優しい兄がいつもとは違う表情で股間をいじっていました。私自身も小6の時に覚えたんです。ちょっと怖かったんですが、私が見ているのに気付くと少し恥ずかしそうに、「あき、見てた?」といいました。

  私は、「お兄ちゃん、オナしてたんだ」 結構冷静に言ったと思います。「うん」 兄はうなずくと「あきもオナしたことある?」 (えっ、いきなりその質問?)と思いましたが、私は無言で首を縦に振ってしまいました。胸がドキドキしたのを覚えています。
  「あき、出るところ見たい?」「うん」「わかった」 兄は、股間に当てていたティッシュを取りました。するとジャージが少し下げられて、ビーンと立ったものが見えました。すごい、おっきい。私が小6の時以来、2人でお風呂に入っていなかったので、兄のおちんちんの記憶はその時で止まっていました。
  「あき、見てて、出すから」 兄は、私が見ている前で硬くなったおちんちんをこすり始めました。私もそれを見ながら、スウェットの上からあそこを押してしまいました。兄の息が荒くなります。2、3分して、「あき、出るよ、出るよ、出るっ。うっ」と言って、兄は、左手で持ったティッシュの上にすごい勢いで出しました。

  あんまり勢いがよくて、最初、ティッシュを飛び越えて床に落ちてしまいました。すごい! 私も、知らず知らずにあそこをリズミカルに触わっていました。兄も私がオナニーしているのを見て、余計興奮したんだと思います。
  兄を初めて受け入れたのは、その翌日でした。その時のことは、また書きます。


   「あき、入ったよ」 えっ、もう、入ったんだ
4  あき - 2018/10/14(Sun) 23:27 No.2179
  兄のオナニーを見ながら私もスエットを触っていたのを、兄も見ていました。兄も私が触っているのを見ながら出しました。「初めて男の人が出すところ見た」 私は兄に向って言いました。「俺もあきが触るところ初めて見たよ、気持ちいいのか?」 凄い恥ずかしかったけど、私はうなずきました。
  お互いの秘密を見せ合ってなんとなく気まずくなって、「もう遅いから」「うん」 私は兄の部屋から出ました。でも、あの出す瞬間は、脳裡に焼付きました。(あんな風に出るんだ)って思いました。
  翌日、学校でもそのシーンが蘇って、なかなか授業に集中できませんでした。(もう1回見てみたい) そんな感情が渦巻いていました。その日の夜、勉強をしていると兄が私の部屋にきました。両親はもう寝ていたと思います。

  兄はTシャツにブリーフの姿でした。私も同じようにTシャツとショーツでした。家では、お互いに下着姿でいることは普通なのですが、でも、その日は兄の姿を見てドキッとしました。ブリーフのところがテントを張ったようになっていたんです。
  「お兄ちゃん、あそこ大きいよ」「うん、昨日、あきが俺のオナ見ながらあそこ触っていたのが忘れられなくって」 そんな会話を切り出しました。「私も昨日のお兄ちゃんのオナ忘れられない」「あきのあそこ見たいよ」 ちょっと唐突でしたが、「うん」とうなずいて、兄の前でショーツを下げました。
  「あんまり毛生えてないね。いつも触ってるんだ」「いつもじゃないよ、たまにだよ。お兄ちゃんのも見せて」「うん」 兄はブリーフを脱ぎました。すごいそそり立っていました。「またオナする?」「うん。ねぇ、セックスってオナより気持ちいいんでしょ」

  判らないまま私のほうが大胆になっていました。「試してみようか?」「うん」「どこに入るんだろう?」 兄が少し戸惑っていました。「ここ、おしっこがでる所、うんちがでるところの間」 私のほうが知識はありました。密かに家庭の医学を熟読していたので。
  「あき、触ってもいい?」「うん」「あっ、すごいヌルヌル」 他人に触られたのは初めてでした。兄は割れ目にそって指で撫でてくれました。ぞくっとするような気持ちよさでした。「初めてだと痛いのかな?」 私も不安でした。
  「あき、大丈夫だよ」「痛くしないでね」 気持ちいいだろうと思うのと、痛いのではとの不安で心臓がドキドキでした。2人でベットに移動して、そして、ベットの上で仰向けになって、兄の前で思いっきり足を開きました。恥ずかしかったけど、足をいっぱい開けば痛くなく入るかなっと思いました。

  兄は私の前に座っておちんちんを持って、私のところに押し付けてきました。正常位です。兄もインターネットで勉強していたと思います。割れ目に押し付けられるような感覚、でも、少しずつ入ってくるような、気持ちよさよりもなんとなく不安感が大きかったような。
  「あき、いくよ」 兄は腰を近づけながらおちんちんを割れ目にぐっと入れてきました。自分でもあそこが広がるのが判りました。その頃は、1回だけおそるおそる指を入れたことはありました。でも、それよりも太いものが入ってくる。広がる痛み、痛い。
  大好きな兄を受けれなくては、大丈夫、できるだけ腰の力を抜けば痛くないかも、医学書にそう書いてあったような。ああ、私は吐息を漏らしました。快感より痛みのほうが勝っていたかも。

  「あき、入ったよ」 えっ、もう、入ったんだ。兄は、ゆっくり腰を動かし始めました。最初は、いったん入ってしまうとそんなに痛みは感じませんでした。兄の腰はだんだん速くなってきました。なんとなくオナとは別の感じが。でも、すごい快感までは感じませんでした。
  「あき、気持ちいいよ、すごいよ」 兄の息が荒くなっています。「お兄ちゃん、気持ちいいの?」 兄はうなづきました。1分ぐらいだったと思います。「あき、我慢できない、出る」 えっ、と思った瞬間、おなかのなかが熱くなるのを感じました。兄は、中に出したんです。快感を感じる間はありませんでした。
  「え、お兄ちゃん、出しちゃったの?」「ごめん」「赤ちゃんできたらやばいよ」「大丈夫、そんな簡単にできないから」 起き上がって、自分のあそこを見ると、精液に血が混じってました。兄に私のバージンを上げた瞬間でした。大好きな兄に私の大切なものをあげることができた感動はありましたが、快感まで感じることはできませんでした。

1-3-蓮舫
1-3-蓮舫-o0313068612322037765.jpg
1-4-蓮舫
1-4-蓮舫-reh001-img001.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント